【子供の心】「スマホになりたい」小学生が『願い事』を書いた作文に考えさせられる…

 

シンガポールのサイトに投稿された、小学校の先生をしている女性の体験談を紹介します。

遅い夕食を終え、児童たちから集めた作文をチェックし始めた女性。夫は近くに座って、スマートフォンでお気に入りのゲームアプリを楽しんでいました。

すると、最後の1人が提出した作文に差し掛かったところで、急に女性が泣き始めたのです。

「どうしたの?」慌てて声を掛ける夫。

 

SPONSERD LINK

「昨日、子どもたちに宿題を出したの。”自分の願い”というお題で作文を書いてもらったの。それで、今最後の1つを読んでいたんだけど、これを読んだら泣かずにはいられないわ」と答える女性。

夫がその内容を聞いたところ、女性は静かに作文を読み始めました。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓