【壮絶】小学校から帰ると、家の中がガラーンとしていて家族全員が居なくなっていた。その後、さらに衝撃の事実が…

小学生の時に両親が離婚した。

父は仕事柄数か月に一回しか帰って来ない人だったこともあり、母が大好きで妹と一緒に母に引き取って欲しいと両親に言った。

けれども母は妹だけ連れて家を出て行き、私は父方の祖父母に引き取られた。

小学校から帰ったら、家の中ががらーんとして母も妹も居なくて、泣きながら探したあの寂しさと恐怖は、いまだに夢に見るぐらいです。

夜になって父方の祖父が迎えに来てくれるまで、数時間電気もつけずに暗い中じっとしていました。

SPONSERD LINK

その後中学生の頃父が再婚するに当たり、私が邪魔だったらしく子供の居ない親戚に養子に出されました。

ここでは家業のために跡取りが欲しく、本当は女でなく男が欲しかったので家族として扱われることはなく、衣食住だけ与えられて飼われているという状態。

それでも商業科しか認めないと言われたが、高校に進学させてくれたのは感謝している。

私が高校生の頃、乳児の男の子を施設から引き取ることが決まり、私は用無しになったので、高校卒業したら独立してくれと養子縁組を解消された。

就職したら家に全額給与は入れるように養母に言われていたりしたので、養子縁組解除されて、高校の卒業式の翌日にアパートに追い出された。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓