【泣けるいい話】「元気になるために手術をしてくるからね」

 

ある日、一人の生徒が学校を休みだしました。

足に痛みがあるからと、町の病院に行ったのです。

そこで診察をしたところ、すぐに大きな病院を勧められました。

そして数日後、大きな病院で検査を受けました。

その間、彼はしばらく学校を休みました。

数日後に彼の父親が学校へ来ました。

 

SPONSERD LINK

その日は曇り空でしたが、父親はサングラスをかけていたのです。

応接室で父親と話をしました。

応接室でも父親はサングラスを外そうとはしませんでした。

父親の言葉に驚きました。

「息子の痛みの原因は、悪性の腫瘍でした」と言うのです。

その場の空気は一変し、時間が止まりました。

私は返す言葉がありませんでした。

父親は話を続けました。

「最初の病院で腫瘍の疑いがあると言われたとき、この医者は何を言っているんだと思ったんです。

だって、小学校からずっとサッカーのレギュラーで、試合にもずっと出てきた息子ですよ。  

怪我はしても病気などしたことがない息子ですよ。  

その息子の足の痛みの原因が腫瘍だと言うんです。  

そんなこと、信じられますか」

少し、時間をおいて父親は話を続けました。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓