【本当にあった話】「死にたい」と漏らす見知らぬ女性を励ましてから帰宅すると、黒い手紙が届いていた。俺「さっきの女性?住所教えてないよな…」

20年くらい前の恐怖体験ではないが、忘れられない不思議な体験

週末の夜中に、なぜか静岡県の日本平へ行きたくなり 一人車で行った。

まぁ昔よく走りに行ってた所なんで懐かしさが込み上げて来たのかな程度だったんです

夜中の2時過ぎ頂上付近の広い駐車場で一人ポツンとジュースを飲んでいると一台の車が来たんです 

広い駐車場なのにその車は、俺の車の横に止まり中から一人の女性が降りてきて自販機でジュースを買い俺の方に向かってき
暗い中でもちょっと可愛い子とわかり 内心、ラッキー!と思った(下心あり)

向こうから声をかけてきて、「何してるの?」とか「どこから来たの?」とか他愛のない会話をして徐々に盛り上がってきたので思い切って近くに夜景の綺麗な所があるから今から一緒に行かない?と誘い俺の車一台で行くことになった。

車で30分くらいで目的の夜景スポット(ヤンバラという所)に着き、夜景を見ながらどうやってホテルまで誘うか?など頭の中で妄想を膨らませているとその女性が、急に泣き出し 今夜、本当は自殺しに日本平に来たことを明かした。

SPONSERD LINK

理由は色々あり そんなんが一気に重なって思いつめてた様子だった。

俺の欲望は一気に冷め 慰めることだけに集中することにした。

「生きてりゃいい事あるよ」とか「そんな可愛いんだからもったいない」とか「自殺しても何の解決にもならない」等ありきたりの話をして思いとどまらせた。

つか、正直ちょっと怖かった 

たまに会う目線が逝ってるというか、焦点が定まってないというか妙に生気が感じられないというか なんというか、いつの間にか人間っぽくなくなっていた

しばらくして女性は、少し落ち着いたのか「ありがとう 頑張ってみる」と言い日本平に帰ることになった 

帰りの車の中、まだ鉛の様な空気が漂っていたが、強引に笑い話をしてその場を盛り上げ、彼女の車の所まで行き
「もう死ぬとか考えるなよ」と言い最後に握手して別れた。

異常に彼女の手が冷たかったのを覚えている

↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓