【テレビで大反響】あるお母さんが綴った言葉に涙が溢れる。母として何よりも大切にしたいものとは…

 

先日テレビ番組で放送されたあるお母さんが書いた文章が大反響を呼んでいます。

そのタイトルは「何もできないという価値」。

育児に追われ、仕事も家事も満足にできない…

そんな葛藤を抱えているお母さんにぜひ読んでもらいたい言葉です。

そのお母さんの名前は、池田彩さん。

池田さんは3人の子どもを育てる母親でありながら、「お母さん業界新聞」の記者でもあります。

「お母さん業界新聞」という名前を初めて聞かれる方もいるかもしれません。

「お母さん業界新聞」とは、現役のお母さんたちが記者となって日頃の子育ての様子や感じたことを発信する新聞です。

「母親であることの喜びや子育ての素晴らしさを伝えたい」そんな思いから始まったこの新聞の発行部数は現在10万部を超え、大きな反響を呼んでいます。

 

SPONSERD LINK

子育ての不安や悩みだけでなく、発見や感動、喜びが数多くつまった記事が多くのお母さんの共感を呼んでいるのです。

家事・育児に追われて何もできないかもしれない…でもね

そんな「お母さん業界新聞」で活躍する池田彩さん。

池田さんが先日書いた「何もできないという価値」という記事は、多くのお母さんの心をうちました。

———-

20150908-DSC08317-1 (1)

———-

家事・育児に追われ、自分がやりたいと思うことだけでなく、子どもにやってあげたいと思うことすらできない毎日。

仕事をしようとしても、家事をしようとしても、子どもが「ママ」と呼べば、中断せざるをえなくて…

そんな葛藤を抱える毎日を送るお母さんは多いのではないでしょうか。

でも池田さんは言います。

たしかに何もできないかもしれない…でもね。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓