【結婚エピソード】親友の彼氏から受け取った彼女が残した最後の手紙

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合ってるカップルがいました。

仲良しで、でも二人だけの世界を作ってるわけじゃなく、みんなと仲良くしてました。

私は女の方の一番の友達だったんだけど、彼氏とも仲良くしてたわけです。

大学を卒業しても交流があったし、何度か会った時も二人は一緒で、本当に仲良しだなァって思ってたわけです。

最後に3人で会った時、「結婚しないの?」って聞いたら、「うん、まあね…。」とお茶を濁す様な返事。

SPONSERD LINK

その後、彼女が病気だった事がわかって入院して、彼は仕事の行きと帰りに欠かさず彼女のお見舞いしてました。

私も何度も行きました。

病名は水頭症(脳腫瘍の一種?)でした。

結局、治療も空しく、彼女はこの世の人ではなくなってしまったんです…。

私たちが25歳の夏でした。

お通夜と告別式の手伝いに行った時、喪服を着てチョコンと座ってタバコを吸っている彼に、

「…、なんて言って良いか、わかんないよ…。」と泣きながら私は言いました。

すると彼は、

「そうだね。でも、これでアイツが他の誰の物にもなら無い事が決まったしね。」

と、ニッコリと笑顔で言いました。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓