【父の教育】娘を明け方まで飲みに連れ回した父親。翌朝、父親からの手紙に書かれた真意に思わず涙…

 

私がまだ若かった頃の話・・

17歳だったかな・・・ 

その頃には親公認で煙草、酒・・

子供の頃から

「人の物は絶対に手を出しちゃいけない!!」

と言われ続けたので万引きには手を染めず済んだ

「人に迷惑をかけるな!それ以外なら何をしたっていい! 何だって経験だから・・・」

私が少しヤンチャになった頃、父に言われた

私は親の言う事を聞かない

だから、そこは諦めて窮屈にさせずにいてくれた

私には女の子特有の「お父さんが嫌い!!」の時期が無い

嫌いになる原因が無かった

カッコよくて

優しくて

絶対に守ってくれる・・

私の事を世界で1番愛してくれている!!という自信もあった

なので、嫌いになんかならなかった

むしろ大好き

 

SPONSERD LINK

話は戻る・・・17歳の夏

真夜中に帰ってきたり・・帰ってこなかったりの娘

だからと言って特に悪い事をしている訳ではなかった

友達の家で朝まで、しゃべったり・・・

たまーーーーに、町に出たりはしていたものの彼氏は欲しいがナンパ等のつまらない男の子達には興味も無かった

ある日父から

「麗子たまには、お父さんと飲みに行こう

何でも好きな物食べて何処でも連れて行ってやる

チョットおしゃれしてこい」

と言われた

面倒のような気もしたが、その頃、夜の街に興味も有り出掛けた

町に出る車中で父が言った

「今日はトコトン飲むぞ!!

もうダメって程 飲め

お父さんが責任持つからな 

アホみたいに飲もうぜ」

おいおい いいのかよ・・・

お母さんに怒られるぞ~

などと思ったが お父さんが責任持つんだからいいか・・・

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓