【逞しい】杖をついて歩いているおばあちゃんに自転車でぶつかりそうになり、「邪魔でしょ!」と吐き捨てた大学生。その後、おばあちゃんが物凄い行動に…

 

近頃、とても危険な自転車族をよく見かけます。

普段車にて通勤している中、公道をビューんとすごい勢いで走り抜ける自転車に毎日ヒヤッとさせられています…。

歩道を走ってはいけないのは分かりますが、自分をあたかも車と同じように、ましてやバイクの様な感覚で走行する自転車族に時折怒りさえも覚える事があるほど。

とは言え、接触事故でも起こそうものならどちらの責任関係なしに車側が責任を負わされる事が多いのです。

そのため、首都部を走行する際は最注意を心掛けて運転しています。

しかし以前、いつもは車中でヒヤッとしていた自転車族ですが、歩行中にも危ない瞬間に出くわしたのです。

 

SPONSERD LINK

休みの日に、街中で買い物をしていたので車は停めて徒歩で移動。

そんな時、背後から歩道をビューんと凄い勢いで駆け抜けて行ったスポーツバイク。

私は買い物をした紙袋に当たられてしまいました。

それくらいならまだしも、その自転車はなんと私の少し前を歩いていた杖をついて歩いているおばあちゃんと縁石の間をギリギリで通過しようとし、あわや接触しそうな所で停止したのです。

謝るのか?

と、思いきやとんでもない。

危ないよ!邪魔でしょ!

風貌は明らかに大学生くらいの若い男性。

「なんて最低なやつだ!」

そうイラッとしながら見ていると、大学生らしき男性は再度ペダルに足を掛け自転車をこぎ始めます…

その瞬間、完全にキレてしまったのか、怒ったおばあちゃんが物凄い行動に…!?

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓