【幸せですか?】病弱だった弟をずっと支えてくれた心優しき金髪少年にもう一度会いたい。

私の弟は28歳で亡くなりました。

脳疾患持ちで、合併症により15歳まで生きられない、20歳まで生きられれば幸いと、医者からは言われていました。

よくぞ28歳まで生きたものです。

弟が小学5年生のとき、無理を言って普通学級に編入させてもらったときのこと。

弟にケイタ君という友だちができました。

家庭に事情のあるケイタ君は、5年生ですでにゲームセンターに入りびたり、タバコを吸うような早熟な不良でした。

SPONSERD LINK

そんなケイタ君、なぜか弟の面倒だけはとてもよく見てくれました。

子どもは残酷なもの。

クラスの中に呼吸器を引きずったクラッチ付きの子に、決して寛容ではありません。

弟は男の子からも女の子からも、陰湿なことをされました。

しかし、それはケイタ君がそばにいない時だけでした。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓