【生活】「夜の食事は太る」は間違いだった!夜にご飯を食べても太らないことが判明
「夜食を食べると太りやすいのは本当ですか?」ってご質問をいただきましたので、ちょっと考えてみたいと思います。   「夜の食事はデブになる」ってのは昔から定番の説でして、代表的な理由としては、   「午後6時以降になると体の代謝が落ちるので、摂取カロリーが減りにくくなる(英文)」   「午後10時以降はBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質が増え、脂肪をためるように体に命令する(英文)」   といった理屈が考えられております。
SPONSERD LINK
・夜食を食べても太らない!? どちらも一理ある話で、日が暮れ始めると、確かに上のようなメカニズムが動き出すんですよね。 ところが面白いもので、実際に人間を対象にした実験では、いずれも「夜食を食べても太らない!」という結果が出ているんですな。   ・筋肉量は減っていなかった 有名なのは2007年の論文(英文)で、イスラム教徒の若者を対象にラマダン中の体組成を調べたところ、夜に大量の食事を食べていたにも関わらず、筋肉量は減っていなかった上に、逆に体脂肪が減っていたというんですね。 ご存じのように、ラマダンでは朝から日没まで何も食べずに過ごすので、プチ断食の効果がくわわったせいかもですね。 ほかにも、食事のタイミングと体重の変化を調べた実験がいくつかありまして、 ↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓