【覚悟】進学校の進路相談で「お笑い芸人になりたい」と打ち明けると、「今ここでネタをやれ」と担任が要求。その理由とは…

 

誰もが一度は夢を持ち、その夢に憧れてを抱くもの。

夢を追いかけ掴む人もいれば、目指す半ばで道を変える人、また夢に敗れる人もいます。

一つ確かな事は、「頑張れば夢が叶う」というのは、極めて楽観的な言葉であるという事。

難しい夢であれば夢であるだけ、狭き門であれば狭き門であるだけ、夢に敗れる人はたくさんいます。

そんな夢を掴み取るためには、誰にも負けない「努力」や「覚悟」が求められる。

それをしっかりと自覚できるかどうかも、夢を掴むか敗れるかの分かれ目になるかもしれません。

 

SPONSERD LINK

とあるエリート進学校の公立高校。

生徒の進学先も大学が多く、その大学も偏差値の高い大学が軒並み並びます。

そんな中、一人の生徒が進学先を担任に提出していませんでした。

クラスでもずば抜けて明るい、いつも笑顔な男子生徒。

担任はその生徒を呼び出し、進路相談の場を作って二人だけで教室で話します。

その時に男子生徒から出てきた言葉は、まさに驚きの言葉。

多くの人が志望校を伝える学校の中、その生徒は担任教師に

「養成学校に通って、お笑い芸人になりたい」

と打ち明けるのでした。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓