【勇気ある行動】川で溺れそうになった子鹿を救出しようと自分の手だけは 水に浸けないよう、まっすぐ 伸ばした状態で救出した少年。

自然とは、普段穏やかで
私達人間や動物を癒してくれます。

しかしそれは時に恐ろしい一面を見せ、
災害や猛威を振るう事もあります。

バングラデシュのノアーカーリー
という地域では雨が多い季節になると、

川の水かさが急激に上がり、
近くを通る鹿がよく溺れる
被害にあってしまうそうです。

SPONSERD LINK

———-

kojika1

———-

この写真はそのノアーカーリーで
撮影されたもので、

Belalという少年が
川に溺れそうになった子鹿を
救出している様子を写したもの。

体がすべて川に浸かった状態の少年。

子鹿を掴んでいる手だけは
水に浸けないようにまっすぐ
伸ばした状態で救出したそうで、

陸に上がるとそれを見ていた人達からは
その勇気ある行動に
歓声が上がったそうです。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓