【懺悔】俺「妻(死別)は何で借金なんかしてたんだろ…」→娘『本当に気付かなかったの?』→俺、知らなかった。
つい3カ月ほど前に、妻と死別した。 去年の今頃から体調がおかしくなって、9月頃に癌の診断を受けた。 それも、抗癌剤が効きにくく、かつ気付いた時には手遅れになってることが多いという癌だった。 つまり、診断受けた時には既にリンパにまで転移してる状態の末期で、医者には妻のいないところで「治すためではなく、延命のための抗癌剤治療になる」って説明された。 治らなくても「治療」になるのか、とぼんやり思ったことを覚えてる。 家で留守番してた娘に電話で報告したら、電話口で号泣された。 この娘は、妻の体調不良をかなり気に掛けていて、はやく病院に連れて行こうと焦っていたんだ。 だが、妻は大丈夫だと我慢してしまっていて、俺は俺で気にしつつも自分からは病院に行けとか口を出さないでいたから、結果的に4か月も放置してしまった。 今となっては、後悔しているとしか言いようがない。 そしてここから、本当に地獄だった。
SPONSERD LINK
約半年の闘病生活。 金銭的にもさることながら、妻の体調がどんどん変わっていくのが分かって、それを見ているのが怖かった。 最初は自力で歩けたのに、いつしか杖がないと歩けなくなっていて、それでも、立ち上がれたうちはまだ良くて、腕の骨を折ってしまって(骨転移からくる骨折)からは、ソファに座れば自力で立ち上がれなくなり、娘の介助を受けてようやく立ち上がっていた。 妻もそんな自分の体調に気付いてきたのか、ある時、ホームセンターに一緒に行って、春咲きの花の球根とか前から欲しがっていた木の苗を購入したんだ。 その球根を自らプランターとかに植えて、嬉しそうに「来年の春が楽しみになった」って言っていた。 実を言えば、病気宣告の時、やはり妻のいないところで医者には年単位はもたないって言われていたから、その発言はグサっときた。 影で娘が泣いていたのも見ている。 辛かったろうと思う。 最後の3ヵ月は文字通り病院のベッドに寝たきりで、毎日顔を合わせるのは正直つらかった。 でも、最後まで会話だけも出来たのは救いだった。  ↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓